読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X 上で消せないファイルがある時に

そして消したいと思っても消せないので── そのうちボクはカーズ状態に陥って考えるのをやめた.

http://june29.jp/2008/10/26/un-removable-files/

ぼくは convmv で入力コードや出力コードを間違えて指定したファイルがこうなってしまいました。

この場合は single-user mode *1 で起動して

fsck -fy

を実行したら消えてくれました。お試しあれ :)

いやでも、もしHDDが死に掛けで、とかいう理由だったりすると、fsckがトドメになる気がするんだけど。。。一応そこら辺触れたほうがいい気がする。

http://b.hatena.ne.jp/m-bird/20081027#bookmark-10573201

おっと失念しておりました……。実行される方はその可能性も考慮しておいてくださいね >_<

ACL や permission が壊れていて消せない事もありますので、fcsk 後も件のファイルが残っているようでしたら

diskutil repairPermissions /

もお試しください*2。こちらは通常起動後でも動きます。

なお AppleJack ( http://applejack.sourceforge.net/ ) を使うと、これらを半自動的に行えるので大変便利です。

AppleJack 導入後に single-user mode で起動し

applejack auto shutdown

と打込めば連続で以下を行ってくれます。

  1. repair disks
  2. repair permissions
  3. cleanup cache files
  4. validate preference files
  5. clean up virtual memory

詳細は man を参照ください*3

番外

上記を実行しても一向に消えてくれないファイルが、「実は Finder で lock されていた」なんてこともありました。

今回は違うと思いますが、参考までに。
f:id:elim:20081027114050p:image

*1:[http://support.apple.com/kb/HT1492?viewlocale=ja_JP:title]

*2: ${HOME} 以下の面倒は見てくれないようですが……

*3:最近こればっかり